とあるデザイン学生の目次録

デザイン学生の目次録

どの職業に就くか迷ってるあなたへ

デザイナーは才能が必要。

いやいや、それ以上に努力でしょ。

 

デザイナーを例に挙げるとまず才能か努力かどっちが大切だ会議が始まります。

 

そんなことが巷で騒がれてる昨今ですが。(あんまり騒がれていないというか議論のタネぐらいにしかなってないけど)

 

私はデザイナーで言えば才能はあまり関係ないと思います。ただ、デザインに必要な考え方やスキルが得意であればあるほど有利だと考えてます。

 

そりゃ得意な方が何だって向いてるでしょ!って思う人も多いでしょう。しかし好きと得意が混じることって多いんですよ。

 

もちろん始めるきっかけになる分には全然良いのですが、見誤ると結構大変なことになります。

 

 

例えばですけど、私フィギュアスケート見るの好きなんですよ。(おっといきなり話挟んできたぞ)それで私が好きという理由だけでスケートやったらどうなりますかね?

オリンピックとか行けますかね?

 

...無理ですよね。全てが当てはまるわけではないです。好きなものにも限界があります。

 

好きなものこそ上手になれ。

 

ただ例外があるのは然りです。

 

本当に成功したいなら自分がまず何が得意で、どういったものなら努力し続けることができるのか、人より抜きでてるものは何か。

これを見つける努力をしない限り各分野においてトップの方に行くことはできません。

 

まずは自分が何に向いてるいるのか、就活の自己分析ではありませんが自分を見つめるのです。

 

行きたい場所(自分の持ってる才能)を明確にして、効率よくその場所に行く方法(努力の仕方)を見つけ目的の場所にたどり着く(才能発揮、才能開花)

 

これをまず見つけなければ。

 

もちろんすぐ見つかるものではないかもしれません。私も他の記事で機会があればですが今はデザイン学科で勉強していますが高校一年生までは弁護士になるつもりでした( ^∀^)笑

 

自分が本当にやりたいもの、得意なものを見つける努力をすれば必ず人生が豊かになります。

 

と、デザイナーに限らずともこの考え方はとても重要です。

 

 

どこかの自己啓発本に書いてそうですが、人と違うことがしたいなら人と同じことをしては話に矛盾が生じます。

 

ただ、成功した人や尊敬した人の話に耳を傾けて参考にするのは賛成です。手探りでやるよりもある程度指針があった方が物事に着手しやすいでしょう。

 

 

次の記事で書いていきますが、どうすれば自分に合った仕事が見つかるのか、進路が見つかるのか紹介していきたいと思います。

 

 

それではまたbye( ´ ▽ ` )